犬猫生活

犬猫生活

元ペットショップ店員で今はトリミングサロン経営。愛玩動物飼養管理士1級保有のトリマーが犬猫のこと書きます。

  MENU
スポンサーリンク

犬のアレルギーの原因はドッグフードだった?根本的な原因を知り対策をしよう!

Puppy Photoshoot

 

犬のアレルギーと一口に言っても、症状としては色々なものがあり、一番多い原因はドッグフードであることが多いです。

ドッグフードは毎日同じものを食べていることが非常に多く、人間と同じで毎日同じものを長期間食べ続けると、アレルギーになってしまう確率が高くなります。 

そのため、愛犬のドッグフードの選び方と与え方は、飼い主さんが工夫してあげる必要があります。

 

 

犬のアレルギーの原因

一部ではありますが、犬のアレルギーの原因となものを挙げてみました。

接触する機会が多いものほど可能性が高いので、上から順番に原因を探ってみると良いと思います。

  • ドッグフード
  • シャンプー
  • おやつ
  • 添加物
  • 環境の変化
  • ストレス
  • 金属
  • ノミ、ダニ 
  • 薬 など

 

関連記事>>>犬猫の天敵!ノミ・マダニの徹底対策&治療方法!

 

添加物の種類の一例

  • BHA
  • BHT
  • 着色料
  • 発色剤
  • 合成保存料

これらは、ホームセンターで山積みにされているドッグフードに入っていることが多く、他にもプレミアムドッグフードと呼ばれる商品に入っていることもあるので注意が必要です。

 

ドッグフードが原因のアレルギー

数千種類あるドッグフードの中で、原材料に多く使われているお肉はチキンです。

チキンがよく使われる理由としては、安価で高タンパクで低カロリーで栄養バランスが優れている原材料だからです。

 

しかし、チキンが多く使われているので、ドッグフードの種類を変えたとしても、原材料のチキンは変わらないということは少なくなく、結果として長い期間チキンが原材料のドッグフードを食べ続けた結果、チキンアレルギーになってしまう可能性があります。

 

他にも、粗悪な原材料が使われているドッグフードは、アレルギー反応が出てしまうこともあるので、良質なドッグフードに切り換えてみるだけでも、原材料が同じチキンでも症状が落ち着くケースも実際に見てきました。

関連記事に良質なドッグフードの選び方について詳しく解説しているので、ドッグフード選びの参考にしてみてください。

 関連記事>>>プロが徹底的に教える良質なドッグフードの選び方

 

無添加のドッグフードを選ぶ

添加物が使われているドッグフードの場合、添加物に反応してアレルギー反応がでることもあります。

ドッグフード選びで添加物が使われているものは避け、無添加のドッグフードを選ぶようにしましょう。

 

アレルギーが出ていない場合でも、添加物が含まれているドッグフードを長期間与えていると、アレルギー反応が出てしまう可能性があるので、無添加のドッグフードに切り替えたほうがいいでしょう。

 

症状が出たときの環境の変化を考える

今まで体をかゆがったりしたことがなかったのに、突然体をかゆがり、1週間くらい続くような場合、何かしらのアレルギー反応かもしれません。

アレルギー反応が出る前と出た後の環境の変化を考えることで、アレルギーの原因が分かることがあります。

 

例えば、1週間前までは同じドッグフードを与えていたのに、ドッグフードを切り替えてからかゆがったり、皮膚が赤くなったりした場合、アレルギーの原因はドッグフードを切り替えたことによって起きたものだと考えられます。

その場合、前のドッグフードに戻してあげることで改善がされると思います。

 

他にも、引越しをしてからストレスで足を噛んだりしてしまうことや、精神的に不安定になってアレルギー症状がでることもあります。

 

先天的なアレルギーもある

シーズーはアレルギーが多い犬種で有名ですが、子犬の頃は異常がなくても成犬になるに連れ、皮膚を腫れたりかゆがったりすることが少なくありません。

だからといって、何も対策をしてあげないと症状が悪化する一方なので、特にドッグフードやシャンプーは気をつけたほうが良いポイントです。 

 

ローテーションフードという考え

ローテーションフードとは、ドッグフードを頻繁に切り換えて同じものを長期間食べさせないようにするという考え方です。

 

人間の花粉症もアレルギー反応の一つなのは有名ですが、今まで花粉アレルギーがない人も、自分の許容できる以上のアレルゲンが体内で蓄積されると、ある日突然、花粉症になってしまいます。

 

犬も人間と同じで、今まで食べて平気っだったのに、長期間チキンが原材料のドッグフードを食べさせたことにより、チキンアレルギーになる可能性が高くなります。

ドッグフードをローテーションすることで、同じものを食べ続けてアレルギーになってしまうリスクを減らすことが理想です。

 

病院で血液検査でアレルゲンを突き止める

ドッグフードを切り換えても、アレルギー症状が改善されない場合、アレルギーの原因を知りたい飼い主さんは、動物病院でアレルゲンを突き止める血液検査をされることをオススメします。

 

検査をすることでアレルギーの原因を見つけることが出来る可能性も高くなり、効率よくアレルギー対策をすることが出来るかもしれません。 また、今後アレルギーになる可能性があるものも取り除くことが可能です。

 

アレルギーになってからの対策よりも、なる前に対策を打つほうが楽なので、なるべくは早いうちに対策をするようにしましょう。

 

アレルギー対策のドッグフードの選び方

無添加であるのは当然ですが、原材料に使われている肉なども人間クオリティのものを選んであげることが大切です。

アレルギー対策として注目されているのか、グレインフリードッグフードと呼ばれる、穀物不使用のドッグフードです。

 

穀物は犬にとって消化がスムーズではないため、その穀物を使わないドッグフードの種類です。

グレインフリードッグフードは、使われている肉の含有率も高く、雑食寄りの肉食の犬にとって、理想的なドッグフードということが分かっています。

 

良質なドッグフードを知りたい方は、次の記事で良質なグレインフリードッグフードをまとめて紹介しています。

 

次の記事を見る>>>グレインフリードッグフードのトリマーおすすめランキング!

 

スポンサーリンク