犬猫生活

犬猫生活

元ペットショップ店員で今はトリミングサロン経営。愛玩動物飼養管理士1級保有のトリマーが犬猫のこと書きます。

  MENU
スポンサーリンク

犬の涙やけの原因と対策!ドッグフードとサプリメントはどちらがオススメの改善方法?

Such a cutie!

涙やけ対策でいろいろ試したけど治らないって諦めていませんか?

しかし、涙やけはしっかりと対策をすれば治らない病気ではないんです。

 

一度涙やけになってしまうと治りにくい症状ではありますが、1つずつ原因を潰していけば、改善されたと実感される飼い主さんも少なくありません。

 

そこで、現役トリマーの私が、涙やけの原因と対策について徹底的に解説をしていきます。

 

 

犬の涙やけとは:

涙やけは、別名”流涙症(りゅうるいしょう)”とも言われており、涙が多く流れる症状です。

鼻と目の間に通っている鼻涙管が詰まってしまい、本来なら鼻へ流れるべき涙が、なにかの影響で過剰に分泌がされ、涙の中に含まれる「塩化リゾチーム」が原因で、目のまわりの毛を茶色く変色させてしまう症状のことです。

一度茶色く着色してしまうと、洗ったり拭いたりしても落とすことはできません。

 

また、涙で濡れっぱなしになってしまうと、細菌やマラセチアが繁殖をしてしまい顔周りの環境が悪化してしまいます、

 

最初は、涙の量が最近増えたと思っていても、それが長期的に続いてしまうと、茶色く変色してしまうケースが多いので、初期段階の涙の量が増えたと思ったら、なるべく早く原因を探って対策をしていきましょう。

 

涙やけがトイプードル、マルチーズ、チワワに多い理由:

涙やけの症状で悩んでいる飼い主さんは、トイプードル、マルチーズ、チワワを3犬種が多いようです。

涙やけは大型犬よりも小型犬種に多く見られる症状で、ダックスフンドや柴犬のように鼻が長い犬種ではあまり見られず、小型犬でも鼻の短い犬種が、鼻と目の鼻涙管が細く短いため涙やけの症状が現れやすいようです。

 

トイプードル、マルチーズ、チワワ以外にも、ポメラニアン、パグなどが多く、どれも小型犬で鼻が短い犬種です。

特にマルチーズは色も白く、茶色くなってしまう涙やけは目立ってしまうので、悩んでいる飼い主さんは非常に多いです。

 

涙やけは治るのか:

涙やけになってしまったら、涙やけが治るかどうかが気になると思います。

もともと涙やけではなかった犬が涙やけになってしまった場合、後天的なトラブルによって涙やけになってしまったことが考えらるので、その原因を潰していけば涙やけの悪化を防いだり、治すことはできなくありません。

 

涙やけを放置するとどうなるか:

涙やけを放置すると、毛の色が茶色に着色するだけではなく、細菌が発生して臭く不衛生になってしまいます。

そのため、かゆくなってしまい、足で目の当りをひっかいてしまい、目を傷つけてしまうので、なるべく涙やけは治してあげるほうがストレスが少ないです。

 

涙やけの原因:

先天的な原因:

先天的に鼻涙管が細かったり曲がってしまったりしていると、涙が鼻へ排出されないので、涙やけの症状になってしまいます。

この場合は、手術をすれば改善をする場合もありますが、再発リスクもあり、保険が効かないのでよく考えて手術をするべきかどうかを考えたほうがいいです。

 

犬の手術は全身麻酔をしてするので、若くてもリスクは0ではないので、症状の度合いによって変わってくるので、獣医さんとの話し合いで判断をしましょう。

 

また、まつ毛が逆さまに生える「逆さまつげ」は、眼球にまつ毛が当たってしまい、常に涙が出るような状態になってしまうので、動物病院で手術や治療などの対処が必要になります。

 

アレルギーなどの体質的原因:

花粉症やドッグフードの原材料などのアレルギー反応が原因で、アレルギー性結膜炎が起きることによって、涙の量が増え、毛の色が茶色く変色してしまう場合もあります。

花粉症は季節的なものなので、その時期だけ我慢をするということも可能ですが、ドッグフードなどの原材料によるアレルギーの場合、ドッグフードを変える必要ができています。

 

血液検査をすればアレルギーが分かるので、アレルギーを避ければ涙やけは改善できる可能性もあがります。

 

おやつなど食べているものが原因:

ジャーキーなどの乾燥肉は消化がかなり悪く、涙やけの原因である分解されなかったタンパク質や老廃物により涙やけになっている可能性があります。

また、人口添加物も消化が悪く、涙やけの原因の可能性が高いので、注意をした方がいいです。

 

ライフスタイルやストレスが原因:

肥満運動不足が原因によって代謝が落ちてしまうので、涙やけの症状が出てくる可能性があります。

また、環境の変化や運動時間が少ないなどのストレスで、神経系の乱れや免疫力が低下してしまい、感染症にかかりやすく、体外からの色々な物質に反応すして涙やけの原因になっていることもあります。

 

水分が足りていない:

通常、身体の中の老廃物はオシッコから排出されますが、水分が不足している犬の場合、オシッコから排出されずに、目などの穴に出てきて詰まってしまい、涙やけになってしまうケースもあります。

 

涙やけの対策:

原因が分かれば自ずと対策が見えてきます。

飼い主自身が変える原因は、普段食べている物を変えてあげたり、ストレスを発散させてあげることが涙やけの対策として見えてくるはずです。

具体的な対策を挙げていきます。

 

ドッグフードを変える:

ドッグフードを変えるだけで涙やけが本当に改善するの?そんな風に思っていませんか?

実際、今食べているドッグフードを、何も調べずに違うドッグフードに切り換えただけでは、涙やけを改善させることはできないでしょう。

 

しかし、涙やけの原因となっているモノが入っていない、質の高いドッグフードを選んであげれば、涙やけの原因をなくすことは可能なんです。

 

動物性たんぱく質のドッグフードを選ぶ

涙やけの原因として一番可能性が高いのは、今与えているドッグフードが愛犬の身体に合っていないことです。 

 

たんぱく質には植物性たんぱく質と動物性たんぱく質があり、植物性たんぱく質は消化吸収率が悪く涙やけの原因の老廃物が溜まりやすいので、涙やけ対策には動物性たんぱく質のドッグフードを選ぶことが大事です。

 

「お肉」が主原料として使われているドッグフードは動物性たんぱく質でできているドッグフードなのでオススメです。

 

人工添加物が入っていない

ホームセンターで売られているような激安のドッグフードなどは、香料・着色料・人工保存料などの人工添加物が含まれているものもあり、それらの人工添加物は消化吸収が悪く、涙やけの原因になってしまいます。

 

毎日少量でも継続して食べるものなので、涙やけやその他の病気の原因となる可能性もあるので、人工添加物が入ったドッグフードは絶対に避けた方がいいです。

 

穀物が入っていない

犬にとって穀物は消化がしにくい食べものなので、トウモロコシや小麦粉などの消化がしにくい穀物が入っているものは避けたほうがいいでしょう。

また、穀物アレルギーが原因で涙やけが起こる可能性もあり、穀物不使用のグレインフリードッグフードを選んであげましょう。

 

 

涙やけ対策のドッグフードのポイント

  • 動物性たんぱく質(お肉)が使われている
  • 人工添加物が入っていない
  • 穀物が入っていない

 

涙やけ対策におすすめのドッグフード

上の3つに当てはまっている、理想的な涙やけ対策のドッグフードは「モグワン」です。

モグワンは100%無添加で、肉中心の原材料の動物性たんぱく質で消化吸収率が非常に高く、涙やけの原因となる穀物や人工添加物を使用しないことで、涙やけの改善に繋がる可能性が高いです。

 

今食べているフードが消化が悪く、涙やけの原因となっている可能性もあるので、消化吸収率の高いモグワンに切り替えをしてみましょう。 

根本を解決しないと、時間が経てば元に戻ってしまう可能性が非常に高いので、ドッグフードをグレインフリーに変えることはとても大事なことです。

 

ただ、モグワンに切り換えたからといって、すぐに効果が出るわけではありません。

継続して身体の調子を少しずつ元に戻すように、数ヶ月間はようすをみてみましょう。

 

モグワンの値段

原材料が高品質にも関わらず、モグワンは1.8kgで3,960円(税抜)という激安価格で、定期購入をすれば最大20%OFFで購入ができます。

このクオリティのドッグフードなら、1.8kgで7,000円はしてもおかしくありませんが、一般のペットショップなどには卸しておらず、公式サイトからでしか購入できないため、余計な流通コストを抑えた企業努力で、この金額に抑えているようです。

 

モグワンの詳細・お得なご購入はコチラ>>>手作りレシピを追求したプレミアムドッグフード『モグワン』

 

手作り食はあまりオススメしない理由:

手作り食はプロでも栄養バランスが難しく、人間よりも体が小さい犬の場合、栄養バランスはシビアなものなります。

必要な栄養素が入っていないと、毛艶が悪くなったり、体調が悪くなったりすることも出てきます。

 

また、時間やコストも通常のドッグフードの倍以上かかることもあるので、一般の飼い主さんは、モグワンのような良質なドッグフードを選択する方が、時間もコストも栄養バランスも考えられて作られているのでオススメです。

 

間食はしないようにする:

おやつなどの間食は人口添加物や着色料が入っている場合が多く、特にジャーキーなどは消化も悪いので、涙やけの子には絶対に与えないようにしてください。

 

人間にとっては少量でも、体重の軽い犬にとっては量の多い間食になっている可能性があります。

ご褒美をあげるとしたら、オヤツではなく良質なドッグフードに切り替えてもいいでしょう。

 

犬は人間ほど味覚が発達していないので、正直なところ食べられれば満足感は一緒です。

オヤツはドッグフードというオカシイとと思われるかもしれませんが、栄養バランスが整えられている食べ物なので、ドッグフードをご褒美に与えるのが理想的です。

 

運動の時間を増やしてあげる:

肥満やストレスが原因で涙やけになっている可能性もあるので、人間と一緒ですが、運動をすることで犬もストレスが発散やダイエットすることで代謝を上げるので、涙やけの改善に繋がることもあります。

 

ストレスは万病の元でもあるので、普段からの散歩の時間を増やしあげることにより、他の病気にもなりにくいというメリットもあるので、涙やけが改善されたあとも、継続して散歩時間を増やしてあげましょう。

 

雨の日で散歩が行けない日でも、室内で遊んであげるだけでもストレスは発散されます。

飼い主さんとのコミュニケーションは、犬にとっては何よりのストレス発散の方法です。

 

水分補給をこまめにする:

水がしっかり飲める環境であることは、涙やけでなくても大切なことですが、給水器で水を上げている場合は、しっかり水が出てきているかを確認しましょう。

もしかすると、給水器が壊れていて、水が出にくいということもあります。

 

散歩中に水分補給をしたり、水をあまり飲まない場合、ドッグフードをお湯に掛けてふやかして与えてあげてもいいです。その時は、必ず冷まして与えてくださいね。

 

オシッコを我慢させない:

外でしかオシッコができない犬もいますが、オシッコを我慢してしまうと身体の老廃物を外へ出すことができなくなってしまうので、外でしかオシッコができない犬の場合、毎日しっかり散歩に行ってオシッコをさせてあげましょう。

オシッコで老廃物を出すこととストレス発散にも繋がるので、メリットは多いのでオススメです。

 

子犬はそもそも涙の量が多い:

もし愛犬がまだ子犬の場合はそこまで心配する必要はありません。

子犬は成犬に比べ身体が弱いため、沢山の涙によって身体を守るようにできています。

そのため、まだ子犬なら成犬になって、体力や代謝が上がってくれば、自然と涙やけが落ち着くようになるかもしれません。

 

サプリメントで免疫力を上げる:

1.エンジェルアイズナチュラル スイートポテト:

良質なフードのプラスしてサプリメントを与えてあげとより効果的に作用します。

涙やけに効果があるサプリメントである”エンジェルズアイズナチュラル”は抗酸化作用や抗菌効果が期待できる天然由来成分で、細菌等の繁殖を抑え、涙やけに体内から働きかける効果が期待できます。

 

抗生物質不使用、100%天然由来原料を使用しているので安心です。即効性はあまり期待できないので、1~3カ月以上を目安に継続をしてみましょう。

 

 

2.ラファンシーズ クリアフェイス:

ラファンシーズのクリアフェイスは根本的な改善にはなりませんが、コットンなどで直接毛に塗って着色を落とすタイプの商品です。

一時的に臭いが軽減されたり、色の着色も落ち着いて効果が期待できるので、色々試したが改善されなかった飼い主さんの最終手段としてはいいかもしれません。

 

ただし、こちらもスグには効果は現れないので、数ヶ月は継続してあげることが必要になります。

 

I like my new sweater

最後に:

ドッグフードとサプリメントなら、まず先にドッグフードを切り換えてみて、しばらくしても変化がなければサプリメントを追加してみましょう。

小さい時は涙やけがなかったのに、成長過程で涙やけになってしまった子が多いと思うので、 そういった子は涙やけは改善する可能性が高い症状です。

 

涙で変色してしまった顔より、何もない綺麗な顔でいてくれたほうがいいに決まってます。

1頭でも多く、涙やけが改善される子達が増えてくれればいいと願っています。

以上、犬の涙やけの原因と対策!ドッグフードとサプリメントはどちらを選んで改善させるべき?でした。

 

次の記事>>>最強コスパ!市販グレインフリードッグフードおすすめランキング!

スポンサーリンク