犬猫生活

犬猫生活

元ペットショップ店員で今はトリミングサロン経営。愛玩動物飼養管理士1級保有のトリマーが犬猫のこと書きます。

  MENU
スポンサーリンク

いま大人気の柴犬の意外と知らない性格について

Leo - Shiba

最近猫ブームに押され、犬のテレビ露出がメッキリ減ってしまいましたが、少ない露出で唯一多いのが柴犬だと思います。

海外では飼主に従順で愛嬌のある表情や自立心のある性格で人気になっており、日本でも飼育されている日本犬の80%が柴犬とも言われるくらい人気のある犬種です。

柴犬を飼おうと思ってる人は飼うにあたって参考になる部分もあると思いますし、柴犬を飼っている方からしたら、あるあるネタが多いと思います。

 

 

柴犬の性格について:

性格は飼い主に従順で、飼主以外には興味を示さない子が多く、

飼主以外の人や犬には全く興味がなく、マイペースでおっとりしている子が柴犬には多いです。

犬というよりは猫っぽい性格なのが柴犬で、飼主だけに従順というところが魅力の一つです。

無駄吠えも他の犬種に比べ少ないのも特徴で、プードルやダックス等の洋犬より落ち着きがあり大人びています。

また、過干渉すぎると嫌われてしまい、しつけ上もあまりよくないので、溺愛したい方ならプードルやダックス等の犬種のほうがオススメです。

柴犬とはある程度距離感を持って接してあげる方が、ストレスなく柴犬自体も過ごせるのでいいと思います。

毎日の散歩はかかせない:

運動量が豊富で雨の日も散歩は欠かせないという柴犬の飼い主さんはとても多いです。

適度な運動がないとストレスにも繋がってしまうので、毎日の散歩は欠かせません。

また、肥満にもなりやすいので、体重管理には気をつけたほうがいい犬種です。

 

他人は気軽に触れない犬種が柴犬:

飼い主さん以外にはあまり興味がないという柴犬ですが、トリマーからしても少し柴犬は警戒する犬種の一つです。

何故なら、柴犬は飼主以外に攻撃性を発揮することもあり、噛まれてしまうリスクが他の犬種に比べ高いからです。特に男の子は気も強い為、女の子の方が飼いやすいかもしれません。

柴犬の抜け毛について:

抜け毛がとても多く、季節の代わり目は全身の毛が抜けるので、家中が毛まみれになってしまい、毎日コロコロをしないと追いつかないくらい抜け毛が凄いです。

ダックスやチワワの数倍抜けるので、室内飼いの場合は部屋中毛まみれになる覚悟が必要な犬種です。

日本犬なので、四季にしっかりと順応できる能力も洋犬と比べると高いとも言えます。

柴犬は水が大嫌い:

体が濡れることが嫌いな子がとても多く、シャンプーは大嫌いというのも柴犬の大きな特徴です。

家でシャンプーするのが中々難しく、トリミングサロンでシャンプーを月に1回される方が多いです。

無理に家でシャンプーをしてしまうと、鼻や口等にシャワーが入ってしまい、余計にシャンプーが嫌いになってしまうこともあるので、嫌がるようなら無理せずトリミングサロンにお願いをするのがいいと思います。

あまりに暴れて手に負えない子はお断りされるケースもある程です。

柴犬は一匹狼:

犬の祖先の狼は仲間と群れて生活をしていたので、現代の犬も多頭飼いにはそこそこ順応性がある犬種が多いですが、柴犬は多頭飼いには全く向かない犬種の1つです。

マイペースで飼主にだけ従順の為、他の犬と上手くやるという意識があまりありません。

寂しそうだからと言って、多頭飼いになってしまったら、大きなストレスになるので多頭飼いは避けたほうが無難です。

それくらい気難しい性格をしている犬種とも言えます。

ドッグランにに行きたいなら柴犬は避けるべき:

最初に書きましたが、人にも犬にも興味がなく、逆に飼主以外に攻撃性を示す傾向が強い犬種でもあるので、なるべく1人にしてあげたほうが本人の為にもなります。

ドッグランやドッグカフェに一緒に行きたいと思うなら、洋犬を飼ったほうが幸せになります。

Shiba Love!

最後に:

柴犬は洋犬にはない愛嬌や従順な面があり、日本犬の良さを再発見出来る素晴らしい犬種だと思います。

色々気難しそうな柴犬の性格ですが、しっかりと理解した上で、初めて飼う犬種が柴犬という選択肢も十分アリだと思います。

以上、 いま大人気の柴犬の意外と知らない性格についてでした。

スポンサーリンク