犬猫生活

犬猫生活

元ペットショップ店員で今はトリミングサロン経営。愛玩動物飼養管理士1級保有のトリマーが犬猫のこと書きます。

フレンチブルドッグの値段が高い理由を元ペットショップ店員が教えます

French Bulldog

ここ数年で見る機会が増えたフレンチブルドッグですが、ペットショップで子犬を見ると他の犬種よりフレンチブルドッグの値段が高くないですか?

フレンチブルドッグが他の犬種に比べ、高い理由を元ペットショップ店員の私が解説したいと思います。

 

 

フレンチブルドッグの相場:

フレンチブルドッグは15〜30万ほどのペットショップが多く、他の犬種に比べて高い傾向があります。

フレンチブルドッグのなかでも、値段の高い安いには色々な理由があります。

 

手間やコストが他の犬種よりも高いから:

フレンチブルドッグの交配は、人が交配の補助したり人工授精を行うことも少なくなくありません。

また、妊娠をしたら子犬の頭が大きいため、出産時には帝王切開が必要となり、他の犬種より手間やコストが掛かるため、他の犬種より値段が高くなります。
 

また、一度に産める頭数も2,3頭と他の犬種より少なく、フレンチブルドッグの流通量が少なくなります。

このように、手間やコストがかかるぶん、他の犬種よりブリーダーが少ないともいわれているので、ほかの犬種に比べて値段が高くなります。

 

毛色によっても値段が違う:

左から高い毛色になってます。

 

高い】パイド→クリーム→ブリンドル【安い

 

値段が高い理由は単純で、パイドは頭数が少ない毛色で、ブリンドルが一番頭数が多い毛色だからです。

毛色によっても印象がぜんぜん違く、クリームは優しそうな雰囲気で、パイドやブリンドルは活発そうな雰囲気をもっています。

 

パイド

白がメインで黒や茶色などが頭や体に入った色のことです。

犬ごとに模様や色の具合が違うので個性が出やすい毛色です。

IMG_0989

 

クリーム

クリーム色をした毛色。

クリームと言っても、毛色が薄かったり濃かったするので雰囲気は変わってきます。

薄いクリーム色だと優しい雰囲気で、濃い茶色に近いクリームだとたくましい雰囲気ですね。

_MG_4483

 

ブリンドル

黒と茶色のまだら模様が特徴の毛色。

白い部分が入ることもあります。

Brindle French Bulldog

フォーン

茶色の毛色が特徴の毛色。

茶色でも濃かったり薄かったりする場合があります。

French Bulldog 0849

 

オスよりもメスのほうが値段が高い:

フレンチブルドッグだけではなく、全犬種に言えることですが、メスのほうが一般的に飼いやすいと人気があるのと、メスは子供を産めるのでブリーダーが手元に残す確率が高く、オスよりも流通量が少ないため、メスはオスより値段が高くなります

 

売れるのに安くする必要もないから:

高くても売れるとうシンプルな理由で高い値段になっています。

他の犬種に比べ流通量が少なく、ペットショップ1店舗で1〜2頭しかお店にいないので、フレンチブルドッグを飼いたい方は、何店舗、何十店舗の店を回って理想的なフレンチブルドッグを探していきます。

 

そのくらい人気があるフレンチブルドッグは、値段を安くしなくてもすぐ飼い主が決まります

売れる犬種を安く売るペットショップは少ないので、人気のフレンチブルドッグ=高いということになります。

 

高いのに人気犬種のフレンチブルドッグ:

フレンチブルドッグはペットショップで販売されている犬種の中で、プードルと並ぶ値段の高さでありながら、アニコムの2015年の人気犬種ランキングでは11位という順位になっています。

ここ数年、10位前後をさまよっていますが、定番の人気犬になっていることは間違いないです。

飼い主さんも値段が高いことをステータスだと思っている方もいるようです。

 

Bulldogs

 

フレンチブルドッグが人気の理由:

フレンチブルドッグの人気の理由は、その特徴的な見ためが人気の理由の一つですが、それ以外にも、性格の良さがあげられます。

フレンチブルドッグは活発的で人が大好きな性格をしているので、性格もとても懐っこく活発でく、なんとも言えない愛嬌のある表情など、他の犬種にはない愛嬌があるのが人気の理由です。

 

そもそもフレンチブルドッグとは:

名前の通りフランスのブルドッグということでフレンチブルドッグという名前がついています。

ブルドッグやパグなどをかけ合わせてできた犬種で、フレンチブルドッグとパグは見た目や性格がパグに似ている部分もあります。

 

フレンチブルドッグは、簡単に説明をするとブルドッグの小型版で体重が8kg〜13kgほどあり、コンパクトですが非常に筋肉質で想像以上に重いです。

散歩に行っても引っ張る力が強いので、体重以上にパワーを感じます。

 

似てるけど違う犬種”ボストンテリア”:

フレンチブルドッグと似ている犬種でボストンテリアという犬種もいます。

まずは、下記の写真を見てもらうと、ボストンテリアを知らない人はフレンチブルドッグと勘違いするのではないでしょうか。

 

ボストンテリア

Boston Terrier

ボストンテリアとフレンチブルドッグの分かりやすい違い

ボストンテリアはフレンチブルドッグに比べ下記のような違いがあります。

 

・ひとまわり体が小さい

・足が長い

・顔が小さい

・耳が尖っている

 

上記ポイントさえ分かれば、簡単にフレンチブルドッグとボストンテリアを見分けることが出来ます。

ただ、プロでさえ一瞬で見分けが付かないくらい、フレンチブルドッグに似ているボストンテリアや、ボストンテリアに似ているフレンチブルドッグもいるので、その時は注意深くポイントを見ればどちらかと判別することは可能です。

 

女性や高齢者1人で飼うにはオススメしません:

フレンチブルドッグは小さくても8kg程あり重量があり、重い子になると13kgにもなってしまうので飼うことはオススメしません。

 

フレンチブルドッグが老犬になって足腰が弱った場合、動物病院に連れていくだけでも一苦労ですし、何と言ってもパワーがトイプードルやダックスフンドの倍以上はあるので、散歩中に勢い良く引っ張られたり、突然飛び出したりする時のコントロールもが男性でも力が必要です。

 

子犬の頃は小さくて可愛いけど、どの子もいづれ大きくなってしまいます。

大きくなったり、老犬になってからのイメージをして飼い始めることが大切です。

 

French bulldog

まとめ:

フレンチブルドッグの値段の高さは、他の犬種に比べコストや手間がかかるからです。

また、流通量が少ないので、フレンチブルドッグを飼いたい人は、多少高くても飼ってしまうので値段は下がりません。

 

フレンチブルドッグの人気の理由は、値段以上の愛嬌と底抜けの明るさがあります。

少し他の犬種よりは値段が高いですが、それ以上に最高のパートナーになることは間違いないと思います。

以上、フレンチブルドッグが値段の高い理由を元ペットショップ店員が教えますでした。

 

犬に関するおすすめ記事

フレンチブルドッグの飼い方は、他の犬種に比べて少し違う部分も多いので、これからフレンチブルドッグを飼おうと思っている方は確認をしておくことをオススメします、

www.inu-neko.info

 

元ペットショップ店員の私が、ペットショップの裏側を暴露してみました。

初めて知る方には衝撃的な内容になっていると思うので、興味がある方は合わせて読んでくださいね。

catdog.hatenablog.com

 

日本犬と洋犬は同じ犬ですが、性格はまるで違うのはご存知ですか?

性格の違いには日本犬や洋犬ならではの理由があります。

興味がある方はこちらも読んでみてくださいね。

www.inu-neko.info