犬猫生活

犬猫生活

元ペットショップ店員で今はトリミングサロン経営。愛玩動物飼養管理士1級保有のトリマーが犬猫のこと書きます。

  MENU
スポンサーリンク

オスとメスの簡単な見分け方!性別で分かる性格差やライフスタイルの違い

Dog

人間の性別も男性と女性では体格も性格も大きく異なってきます。それと一緒で、犬もオスとメスでは同じ犬でも、全然違う生き物のように感じてしまうくらい違いがあります。

犬を飼ってる人は性格を知ることで、より愛犬と仲良くなれると思いますし、これから犬を飼おうと思ってる人は絶対に確認をしないと後悔しまうと思います。

 

 

犬のオスとメスの見分け方:

オスの見分け方

オスはお腹のへその下あたりにチンチンがあり、肛門の下あたりに玉があるので、お腹の下の部分を見れば一発でオスかメスかを見分けることができます。

外見的にもオスは筋肉質でガッチリしていて体格もメスより大きい傾向が強いです。

ガッチリとした犬を飼いたい場合はオスを選びましょう。

 

また、子犬の時は玉が体の中に入っていて、外側に見える状態ではないので、子犬のときはチンチンがついているかどうかで性別を判断しましょう。

 

メスの見分け方

肛門の下の部分に陰部があります。お腹周りには何もないので、オスとメスの見分け方はシンプルです。

オスよりも一回り位小さく、華奢なのがメスで、小さい犬を飼いたい方はメスを選ぶと大人になっても比較的小さめです。

他にも、少し柔らかい顔をしてることが多いです。

 

オスは甘えん坊、メスは自立心がある:

基本的に人間の男の子と女の子と似ている部分がありますが、犬のオスは甘えん坊で飼い主に非常に懐く傾向があり、メスは自立心が強くデレデレする犬が少ないのが特徴です。

また、オスのほうが活発的で好奇心旺盛の為、お留守番中にイタズラをすることも多々あり、しつけをしっかりとした方がいいと言えます。

その点、メスは落ち着いた犬が多く、精神的な自立はオスよりも早いので、子犬だと思ってたらあっという間に落ち着いた成犬になると思います。

 

オスはマーキングをするしオシッコが臭い:

オスは本能的に非常にテリトリーを視聴するために、電柱などになるべく高い位置にオシッコをかけようとします。

これは、マーキングと良いオスの本能的な行動なのでやめさせることは難しく、本人のストレスにもなってしまいます。

 

また、電柱などに引っ掛けたオシッコの臭いを長く残すため、オスのオシッコはメスよりも臭く、トイレまわりは常に清潔にしておかないと強烈な臭いを放ってしまいます。

 

ドッグランやドッグカフェなどに行った際は、他の犬の臭いがするため、あちらこちらにオシッコを掛けて自分の臭いを残そうとするため、オスを飼っている飼い主さんは出かける際は非常に神経を尖らせなければいけません。

そして、トイレのしつけも、家でも足を上げてする場合もあるので、正確な位置でオシッコを覚えさせないと、壁に掛けたりして外してしまうので、オスはメスよりトイレのしつけより大変になってきます。

 

メスはテリトリーの意識がほとんどないため、少しかがんでオシッコをするので、トイレをはずす心配が少なく、トイレのしつけはオスに比べてすんなり出来ます。

オスよりオシッコは強烈に臭くはないですが、それでもやっぱりオシッコなので臭いです。

 

ぜんぜん違う生理現象:

メスは年に2回生理が2ヶ月ほどあり、その際はオムツをさせたり、オス犬との接触に気をつけなければいけません。

妊娠や病気のリスクなどを考えた場合、避妊手術をすることのメリットは非常に多く、オスもまた、去勢手術をすると攻撃性が高かった犬がおとなしくなる場合もあり、病気になるリスクも減るので、犬を飼っている方はやっておいたほうがいい場合が多いです。

Dog

最後に:

オスメスどちらがいいと聞かれても、どっちも可愛いもんです。

結局はこれにつきます。自分が気に入った犬が一番可愛いものです。

子犬を選ぶ場合は、細かく突き詰めすぎると選べなくなってしまうので、インスピレーションで選んでもいいと思っています。

住めば都ではないけど、飼えば都だと思いますよ。

以上、犬のオスとメス同じ犬でもぜんぜん違う!性別で分かる性格差やライフスタイルの違いでした。

スポンサーリンク