犬猫生活

犬猫生活

元ペットショップ店員で今はトリミングサロン経営。愛玩動物飼養管理士1級保有のトリマーが犬猫のこと書きます。

  MENU
スポンサーリンク

トイプードルは買う時も高く、維持費も高いので金銭的にゆとりがないと大変な犬種

DSC_0117

犬には様々な犬種があり、犬を買うときの金額もそうですが、犬を健康的に維持をするためのお金のほうが高くついてきます。

その中でも、人気犬種ランキング毎年1位のプードルは、維持費が高くつくという犬種なのはあまり知られていないようです。

何故プードルは年間十数万という金額が掛かるのでしょうか。

 

 

そもそも子犬を買う時も高いのがトイプードル:

プードルは人気犬種ランキング1位ということもあり、値段が他の犬種よりも高く、特に毛の色がレッドは高い傾向にあります。

これは、数年前に流行ったテディベアカットというぬいぐるみのくまのような可愛らしいカットが流行ったため値段が高く、一種のステータスみたいなものも存在するようです。

 

毛の色の他にも、ティーカッププードルやタイニープードルといった、トイプードルよりも更に小さい、体重が1〜3kg位のプードルは50〜200万する位たかく、一種のバブルのような金額になっています。

そんな買う時も高いプードルですが、飼ってからのほうがお金が掛かって来ます。

 

毎月トリミング代の維持費が高い:

プードルは抜け毛がほとんど無いことがメリットでもありますが、毛が伸び続けてしまうため、必ずカットが必要になってきます。

たまに、自分でカットをする方もいますが、大抵はザクザク跡が残ってしまい、とてもみすぼらしい感じになってしまうので、おすすめしません。

 

個体差にもよりますが、1ヶ月程度で切った分位は伸びてしまうので、大抵の場合1カ月に1回程度のトリミングが必要になってきます。

中には、2ヶ月に1回、3ヶ月に1回といった方もいらっしゃいますが、毛の長さを極端に短くしなければいけないので、可愛さ重視と言うよりも、生活重視になっていて、プードルを飼ったメリットが薄くなっている方も少なからずいます。

 

都内でのプードルのカット料金の相場は7,000円〜8,000円程度で、年間カットだけで8万4000円〜9万6000円はカット代に消えていってしまいます。

 

フードやトイレシーツなども地味に掛かる:

トリミングの次に大きい出費は、毎日の食事であるフード代です。

ドッグフードはペットショップなどで置いてあるフードを与えた場合、安い通販で買ったと想定して、ロイヤルカナンのプードル用で3kg3,200円程度なので、4kgのプードルの場合、1カ月で2kg程食べると過程すると、2,100円位掛かり、年間で2万5200円ほどかかります。

その他、オヤツ、トイレシーツ、病院代、保険代を考えると、年間支出は10〜15万程度になってきます。

 

プードルを飼うということはお金が掛かる:

実際はプードルだけではなく、他のカットが必要な犬種のシーズーやシュナウザーなどもコスト的には高くついてきます。トリミング回数を減らせば支出額も減りますが、これらの犬種を家でシャンプーをするとなると、毛が絡んでしまってどうにもできなくなってしまうこともあるのでオススメしません。

 

プードルは他の犬種に比べ、カットを楽しめるというメリットもあるので、目立つカットをしたい方なんかにはオススメできる犬種でもあります。趣味と割りきることもプードルを飼う上では大事になってきます。

 

維持費が安い犬種:

ずばり、ダックスやパグなどのカットが必要のない犬種です。カットが必要のない犬種は、家でもシャンプーが出来るので、大幅に支出を減らすことが出来ます。

夏場だけサマーカットにするだけの方も非常に多く、ダックスなどのカットはプードルに比べると簡単なので、そこまで高くありません

コストを抑えつつ犬を飼いたい人なんかにはオススメな犬種を以下まとめてみました。

  • ダックス
  • チワワ
  • ポメラニアン
  • パピヨン
  • パグ
  • フレンチブルドッグ
  • ペキニーズ
  • コーギー
  • キャバリア
  • ビーグル
  • ゴールデンレトリーバー
  • ラブラドールレトリバー

他にも沢山ありますが、有名ドコロをピックアップしてみました。

ただ、トリミングの必要はないですが、抜け毛があるので、その点は大変かもしれません。

DSC_0168

最後に:

可愛いだけではなく、しっかりと必要なコストを考えた上で、どういう犬種がいいのか選ばないと、あとで後悔する羽目になりかねません。

プードルは金額的には他の犬種よりも掛かるかもしれませんが、それ以上のメリットも様々あります。これからプードルを飼おうとしている方は、一つの判断材料にしてみてください。

以上、プードルは買う時も高いし、飼ってからも年間十数万は掛かるので、金銭的にゆとりがないと大変な犬種でした。

スポンサーリンク