犬猫生活

犬猫生活

元ペットショップ店員で今はトリミングサロン経営。愛玩動物飼養管理士1級保有のトリマーが犬猫のこと書きます。

日本犬なのに9割の人が知らない洋犬っぽい日本犬

日本犬の代表格といえば皆さんが思い浮かべる犬種は柴犬や秋田犬かと思います。しかし、日本犬らしからぬ風貌をしているのに、全然知名度が無い日本犬がいるいのは9割の人がご存知ないかと思います。

 

 

日本原産の犬、狆(ちん):

 

C'Patty (Cow Patty)

一見ペキニーズのような風貌で、名前の中国の犬のような狆(ちん)ですが、れっきとした日本犬の狆と呼ばれる犬種であり、奈良時代には狆が中国に送られた記録も残っているくらいに歴史がある犬種になります。

ペキニーズとの違いは、毛の色が白と黒が混ざっていて、鼻がシーズーのようにほんの少し長さがあります。

 

 狆という名前の由来は「小さい犬」という言葉が短縮されて狆になったと言われており、狆のご先祖はペキニーズやラサ・アプソ、スパニエル系の血が混ざっているとされており、見た目で推測出来るような風貌をしています。

江戸時代には各地の大名がこぞって飼い、一種のステータスとして飼われていた犬種でもあります。

 

狆の特徴的な見た目:

大きな瞳に鼻が短くとても愛嬌がある風貌をしています。パグやシーズーなどの短吻種(鼻の短い犬)が好きな方にはたまらない見た目であり、一度見ただけで一目惚れをする方も少なくない犬種です。

 

狆の性格:

柴犬などの定番の日本犬に比べ、掛け合わされた犬種が、ペキニーズやスパニエル系ということもあり、伴侶動物としての素質が高い犬種で、また長い間可愛がられていたので、人や犬が好きで、大人しい性格をしている日本犬らしからぬ性格をしている珍しい犬種です。

 

ペキニーズとの見分け方:

かなり外見が近しいペキニーズとの簡単な見分け方は、手足がペキニーズよりも長くスレンダーな雰囲気を持っています。

また、鼻もペキニーズよりも長く、毛の量は少なく白と黒の2色のパーティーカラーでポイントを抑えれば簡単に見分けることが出来ます。

 

江戸時代には狆専門の医者がいた:

江戸時代に大名の間にブームとなった狆は、狆を治すための医者が居たと言われており、日本における獣医の走りとされています。

それほど狆は有力者に可愛がられていた日本古来の犬種となっています。

 

日本犬だけど外飼いは出来ない犬種:

狆はシングルコートで毛の量が柴犬などと比べると少なく、水を弾く事ができないので外飼いで飼育することは出来ません。

昔から室内で飼う為に作られた犬種でもあるので、外で飼いたい場合は柴犬などの日本の四季に対応できる犬種を選ぶようにしましょう。

Japanese Chin

ただあまり人気がないからペットショップで見つけられない:

日本犬なにの柴犬と比べると圧倒的に知名度が少ないため人気がなく、ペットショップで見つけることは中々難しい犬種です。

飼いたい方は大手のペットショップで店員さんと話をして仕入れてもらうか、直接ブリーダーを探して見てみることがいいでしょう。

 

他にもあまり知られていない日本犬たち:

日本テリア:

Cosmo at rest

 

ほとんどの人が見たことない犬種だと思いますが、立派な日本原産の日本犬です。

私も動物業界に入って10年以上経ちますが、まだ見たことがない犬種です。

繁殖があまりされていないため、頭数が非常に少なく、見たことがある人はラッキーとも言える犬種です。

 

体が白く頭に毛色がついているので、ひと目みただけで日本テリアだと分かる姿をしています。

 

日本スピッツ:

Japanese Spitz

キレイな白い毛が特徴的な日本スピッツです。

大きさは9kg〜11kgほどあるので中型犬に分類されます。

 

珍しい犬種ではありますが、他の犬種に比べて人気もあるので見たことある人もいるかもしれません。

昔はムダ吠えが多くしつけが大変でしたが、現在のスピッツはあまりムダ吠えをしなくなりました。

 

川上犬:

長野県の川上村で繁殖された日本犬で、猟師が川上犬とオオカミを交配させたのが、現在の川上犬の元になっていると言い伝えがあり、オオカミの血を感じることが出来る犬種です。

 

長野県の天然記念物にしていされており、全国に350頭ほどしかいないので、まず目にすることはない犬種です。

実際にお客さんでシャンプーをしに来たことがあるので、私は川上犬の実物を見たことがあります。

 

性格は好奇心旺盛で何にでも興味を持って、人が来たらすぐに吠えて知らせる番犬のも向いている犬種です。

毛の量が多いとされている柴犬の倍以上の毛量で、−20度以上の環境でも耐えられるように体ができています。

 

シャンプーをした際は、大きな猫をシャンプーしているかのような嫌がり方で、二人がかりでもビショビショになるくらい苦戦しながらシャンプーをしました。

オオカミの血が流れているので、運動能力が非常に高く、犬というよりは猫に近い運動神経を持っていると言ったほうが分かりやすいかもしれません。

 

川上犬に興味がある方は、子犬の分譲もしているようなので興味がある方は是非ご覧ください。

著作権の関係で画像が見つからなかったですが、リンクには子犬の画像も載っています。

川上犬基礎情報 | 川上犬の紹介 | 川上村

 

最後に:

日本犬なのに9割の人が知らない狆は、何百年も前から日本人に愛されていた犬種ですが、現代の方々か知らないのは非常に勿体無い犬種だと思っています。

見た目の愛嬌や性格の良さは柴犬などの定番の日本犬とは全く違う雰囲気があり、初心者でも飼いやすい犬種でもあります。

これを気に狆のことを意識してみるのも日本人として知っておいた方がいいと思っています。