犬猫生活

犬猫生活

元ペットショップ店員で今はトリミングサロン経営。愛玩動物飼養管理士1級保有のトリマーが犬猫のこと書きます。

猫にドッグフードを犬にキャットフードを与えてはいけないの知ってた?

Lazy Cat

犬ならドッグフード、猫ならキャットフードと分けられて販売されていますが、どちらも同じような見た目なので、犬を飼われている方がついでに猫におなじドッグフードを食べさせてしまうこともあるようですが、実際はドッグフードは猫に与え続けてしまうと大変なことになってしまいます。

 

 

なぜ猫にドッグフードを与え続けてはいけないのか:

猫はそもそも完全な肉食であり、犬は雑食性の肉食であることから、犬と猫では必要な栄養素が大きく違っているので、ドッグフードを猫に与え続けてはいけないのです。

犬と猫では体内で作り出せる栄養素が違っていて、その中でタウリンよ呼ばれるアミノ酸は、犬は体内で作り出せるけど猫は体内で作り出すことが出来ません。

そのため、そもそもタウリンが入っていないドッグフードを猫に与え続けてしまうと、タウリン欠乏症になってしまい、失明や心臓機能の低下など、深刻な症状が出てしまうことがあります。

 

1回の食事でそこまでなることはありませんが、長い間継続して猫にドッグフードを与え続けてしまうとそのようなリスクが生まれてしまうので注意が必要です。

なぜ犬にキャットフードを与え続けてはいけないのか:

犬に必要なカロリーと猫に必要な栄養素やカロリーが違く、キャットフードはドッグフードよりもカロリーやたんぱく質、脂肪などの割合が高く、長い間継続して与え続けてしまうと、肥満や体の調子が悪くなることが出てきます。

肉の含有率や高かったり、香りが豊かなものが多いので、キャットフードを好むことが多いようですが、食べるものはしっかりと飼い主さんがコントロールをしてあげることが大事です。

You own a dog but you feed a cat.  ~Jenny de Vries

最期に:

食事で体調が悪くなってしまうのは飼い主さんにとっても、犬猫にとっては望んでは居ないことだと思います。

しっかりとしたバランスで作られているので、猫にはキャットフード、犬にはドッグフードを与えてあげましょう。