犬猫生活

犬猫生活

元ペットショップ店員で今はトリミングサロン経営。愛玩動物飼養管理士1級保有のトリマーが犬猫のこと書きます。

小型犬は小粒のドッグフードしかダメ?粒の大きさ選び方について

Dog food

ドッグフードの種類は年々種類が増えて、犬種別、年齢別、粒の大きさ別と細分化されましたが、粒の大きさについて、勘違いをされている方が多くいるので、小型犬は小粒じゃなければいけないという誤解を解いていきたいと思います。

 

 

小型犬だから小粒じゃなくてもいい:

結論から言うと、小型犬だからだから小粒でなくても全然問題ありません。

小型犬でも中粒位のドッグフードなら噛み砕いて器用に食べるからです。

 

よく飼い主さんの中で、「うちの子はチワワだから小粒タイプじゃないといけない」と言われる方がいますが、実際チワワであろうが大粒のフードを食べている子も多いです。

小粒タイプのドッグフードを上げる理由としては、体や口が小さいから大きなドッグフードは食べられないという思い込みで、小粒タイプを選んでいる飼い主さんが多いです。

 

小型犬だから小粒タイプのドッグフードは、親切心のつもりが逆にデメリットになる場合もあるので、愛犬の特徴に合わせた粒の大きさのドッグフードを選んであげることが大事です。

 

小粒ドッグフードによるデメリット:

小粒タイプのドッグフードの場合、粒が小さいせいで噛まないで飲み込むようになることがあります。

その場合は、逆に中粒程度の大きさのドッグフードを選んであげると、噛み砕いて食べだすようになります。

 

小粒のドッグフードでも飲み込んでしまうと、消化の時間が余計に掛かってしまって、内臓を無駄に働かせてしまっている状況を作っています。

理想的な食べ方としては、ドッグフードをよく噛んで粒を小さくしてから飲み込むと、消化までの時間が短縮され、無駄に内蔵を働かせることがなくなります。

 

オススメするのは中粒のドッグフードを与えて、しっかり噛み砕いてから食べるので、中粒のドッグフードを食べれる犬には、なるべく中粒のドッグフードを与えてあげるといいです。

小粒タイプのドッグフードでも、ちゃんと噛んで食べていれば特に変える必要はありません。

 

dogfood.

小粒ドッグフードのメリット:

ただ、一つ注意をしなければいけないのは、小型犬でも中粒や大粒のドッグフードを早食いで飲み込んで食べてしまう犬の場合は、喉に詰まらせて吐き出したり、呼吸困難になって危険な場合もあるので、そういった犬に対しては小粒タイプのドッグフードをオススメしています。

 

そこまで無理をして中粒を与える必要は当然無いので、なるべくストレスの掛からないようにあげて下さい。

 

ただ、小粒タイプのドッグフードの場合でも、早食いをしてしまうと、結局吐き出したり呼吸困難になってしまうこともあるので、根本的な解決策としては、食べにくいお皿に切り替えて、早食いを防止するようにしてあげましょう。

 

小粒のほうが食べにくく時間が多少掛かるので、早食いの場合は小粒ドッグフード+食べにくい食器を活用してなるべく負担にならないようにしてあげて下さい。

 

オススメはグリーンフィーダーという早食い帽子の食器です。

突起部分がかなり長いので食べづらさはピカイチの早食い防止食器です。

miniは小型犬から中型犬位までが使える大きさです。

ただ、普通の食器よりは大きめです。

 

サイズ

29 x 22.5 x 6.5 cm 

 

小型犬〜中型犬用

 

 

下の通常のグリーンフィーダーは想像しているより大きいと思うので、サイズ感はよく調べてから購入することをオススメします。

 

 

 

大型犬は小粒の方がいい場合もある:

大型犬の場合、口や喉も大きいのでドッグフードを噛まずに飲み込んでしまうことが非常に多く、中粒や大粒のドッグフードの場合は消化に時間が掛かってしまいます。

 

どんなドッグフードも飲み込んでしまう場合は、小粒タイプのドッグフードを与えてあげた方が、消化が早くなり内蔵を無駄に働かせないようにすることができます。

粒が大きいと消化する時間が掛かってしまい、長時間内臓の中にあるということはあまり望ましいことではありません。

 出来る限り体の負担を減らしてあげることが大事です。

Dogfood

まとめ:

小型犬だからといって小粒のドッグフードでも特に問題はなく、飲み込んでしまう場合は逆に中粒や大粒のドッグフードを与えてあげるのも手です。

ただ、大きいドッグフードでも丸呑みして食べてしまう犬に関しては、小粒のドッグフードに切り替えてあげたり、早食い防止の食器を使うようにしてあげましょう。

 

噛まないとドッグフードの消化が遅くなってしまうので、体に負担がかかってしまいます。

なるべく負担を掛けないドッグフード選びをしてみて下さい。 

 

ドッグフード選びはどれを選んだらいいのか分からないという人も多く、分かりやすくランキング形式で紹介した記事があるので、良質なドッグフードを探している方は参考にしてみてください。

www.inu-neko.info