犬猫生活

犬猫生活

元ペットショップ店員で今はトリミングサロン経営。愛玩動物飼養管理士1級保有のトリマーが犬猫のこと書きます。

Azmira(アズミラ)キャットフード、ドッグフードについてプロがレビュー

dogfood.

Azmira(アズミラ)は知る人ぞ知るキャットフード、ドッグフードですが、そのポテンシャルの高さはもっと多くの人に知れ渡っても良いペットフードではないかと思います。

ただ、アズミラの公式HPは英語を翻訳しているだけのような文章なので非常に読みにくいのが残念なポイントです。

 

私が経営しているトリミングサロンでは、アズミラのドッグフードとキャットフードの取扱があり、実際にお客様に自信をもって販売をしているペットフードです。

そんなアズミラについて掘り下げてみたいと思います。

 

 

国産ペットフードについての誤解:

アズミラはペット先進国でもあり、ペットフードの先進国でもあるアメリカ産のペットフードです。

日本人は国産の信仰心がとても強いのですが、キャットフードやドッグフードに限った話では海外のほうが圧倒的に進んでいます。

日本でプロが認めるフードは圧倒的に数が少なく、アメリカやドイツ原産のフードを探したほうが、良いフード巡り会える確率が高くなります。

 

過去記事に国産ドッグフードについて掘り下げたものがありますので、興味がある方は合わせて読んでみてください。 

www.inu-neko.info

 

アズミラとは:

アズミラはアメリカのニューマン博士が開発した高品質キャットフードとドッグフードです。

元々はドッグフードがメインでしたが、口コミでじわじわに人気になったのがアズミラのキャットフードです。

 

アズミラは全ての原材料が人間が食べれるものを使用しており、FDA(米国食品医薬局)やUSDA(米農務省)の人用の基準に合わせて作られているのがアズミラのペットフードです。

 

なぜ、全て人間が食べれる原材料で使用されていると、わざわざ書くかには理由があって、ペットフードでは人間が食べれない部位が原材料として使われていることもあるからです。

言わば捨てるような部分をドッグフードやキャットフードの原材料として使用することで、コストを抑えたペットフード販売しているメーカーが少なからず存在するからです。

 

ペットフードで100点のものは存在しない:

キャットフードやドッグフードは100点の理想的なペットフードは存在しません。

なぜなら、キャットフードもドッグフードなどのドライフードは加熱処理をされていて、栄養素が少なからず破壊されてしまうからです。

アズミラの場合は低温製造されているので、極力栄養素を壊さないように丁寧に作られているペットフードですが、それでも完璧なペットフードとは言えません。

 

アズミラは100点の良質なペットフードに近づけるために、キャットフードやドッグフードと一緒にサプリメントを併用することを推奨しているメーカーです。

アズミラのブランドでサプリメントも販売しており、熱で壊れてしまった栄養素を補うために、サプリメントで最適な栄養素バランスを整えることができます。

 

サプリメントを販売しているメーカーのペットフードは高品質:

サプリメントも同時に販売しているメーカーはあまり多くはありませんが、サプリメントを作られているメーカーは高品質なキャットフードやドッグフードを作られているところが多いです。

なぜなら、熱で加工されていると栄養素が壊れてしまうことを理解しているからこそ、サプリメントで補うことを推奨しているからです。

サプリメントを販売しているメーカーは、犬猫に対して真摯な姿勢で向き合っているメーカーだと言えます。

 

アズミラのデメリット:

値段が高い:

良質な原材料を使用しているので値段が高くなってしまうのは仕方がない部分があります。

一度開けてしまうと酸化が進んでしまうので、1ヶ月くらいで食べれる重さを選びましょう。

 

税抜価格(2016年12月21日時点)

重さ   金額   1kg辺りの単価

5 0 0 g …1,130円   2,260円

1 k g    …2,150円   2,150円

2.26kg …4,200円   1,858円

4 k g    …6,690円   1,665円

6.79kg …10,780円   1,587円

※最新の価格はアズミラの公式HPにてご確認ください。

 

ジッパーが付いていない:

ジッパーが付いていないので洗濯バサミや輪ゴムなどで開けた袋を保存する必要がでてきます。

ただ、他の保存の容器に移してしまうと、空気に沢山触れて酸化が進んでしまうので、必ずアズミラの袋のまま保存をするようにしましょう。

 

賞味期限が短い:

賞味期限は化学保存料を使用していないため、製造から7ヶ月しかありません。

販売店に入ってくるまでに1ヶ月ほど掛かるので、長くても6ヶ月しか賞味期限がないので、新鮮な販売店から購入するようにしましょう

在庫が回転していない販売店で買うと1ヶ月を切っているということもあるかもしれないので注意が必要です。

 

サンプルがない:

サンプルがないので食べるか食べないか分からないけど買う必要がでてきます。

一番小さいサイズの500gを試してから大きなサイズを買うようにしましょう。

食べなかった場合でも、返金キャンペーンはしていない点も少し残念です。

 

価格が為替の影響を受ける:

輸入品のため円安になると価格が値上がりします。

こればかしは誰もどうしようも出来ないので仕方がありません。

 

アズミラのメリット:

体に悪いものを一切不使用:

アズミラは徹底的に猫の体に悪いものを取り除いたキャットフードです。

そんなのは当然と思われる方もいるかもしれませんが、ペットフードは人間が食べないような部位や捨てるような部分を使用して作られているものがあり、原材料の質が悪いものも少なくありません。

 

体に悪い物をしようしていないからこそ、賞味期限が短いとも言えます。

 

アズミラの4つの不使用:
  • 人工着色料不使用
  • 人工香料不使用
  • 化学保存料不使用
  • 砂糖、塩不使用 

 

全年齢、全猫種、全犬種対応:

年齢別や種類別のキャットフードやドッグフードは多く存在しますが、メーカーのマーケティング戦略で、お客さんに分かりやすく選んでもらう以外のメリットはありません。

 

本当に良質なキャットフードというのは、全年齢、全種類に対応しているものが多いです。

それは、栄養のバランスや質の高さに自信がある証拠です。

 

食べやすい粒形状:

アズミラのキャットフードは粒形状は星型の粒なので、口の小さい猫でも簡単に噛み砕くことができる粒形状をしています。

 

ドッグフードはドーナツ型の粒形状なので、小型犬でも噛み砕きやすく、もしドッグフードを丸呑みしてしまう犬の場合でも、真ん中が空いているので消化がしやすくなります。

大型犬から超小型犬まで幅広く対応している粒形状とも言えます。

 

粒形状一つとっても、犬と猫の特徴をよく理解して作られているのが分かります。

 

サイズが豊富:

アズミラのサイズは以下のように豊富です。

アズミラのサイズは500g、1kg、2.26kg、4kg、6,79kgと幅広くあるので、多頭飼いをしている飼い主さんには有り難いサイズ展開です。

サイズが大きくなるとグラム当りの単価は低くなります。

 

ドッグフードは2種類:

アズミラのドッグフードには2種類あり、ライフスタイルドッグとラスティックフィーストドッグがあります。

2つのドッグフードの違いは簡単で、ライフスタイルは羊(ラム肉)をメインでラスティックフィーストドッグは七面鳥(ターキー)がメインのドッグフードということです。

 

1種類のドッグフードをずっと食べ続けるとアレルギーになるリスクもあるので、複数の原材料のものを1ヶ月ごとに変えていくことをオススメします。

 

 アズミラ買うならどこがいいか?:

正直アズミラの価格は定価販売厳守のペットフードなので、ポイント還元があるネット通販で買ったほうが安く買えます。

だいたい10%ほどポイントが付くお店が多く、店舗で買うより安く買えると思います。

 

ただ、ヤフーショッピングや楽天などは独自のポイントをつけるセールの日が月に何回かあるので、その日に買うと最安値で買えます。

ヤフーショッピングは5のつく日(5日、15日、25日)が通常よりもポイントが増えるのでオススメです。

 

 

 

一緒に与えたいサプリメント:

アズミラのサプリメントも色々ありますが、オールインワンのサプリメントであるメガペットデイリーがオススメです。

このサプリメントとアズミラのペットフードでより100点に近い理想的な栄養バランスになります。

 

評価:

プロから見てもアズミラのキャットフードやドッグフードは良質なペットフードなので、体に合わず色々ペットフードを試している犬猫にオススメできるペットフードです。

 

数百種類のドッグフードを見てきた私がオススメするドッグフードをランキング形式で紹介した記事なので、ドッグフード選びで迷われているかたは参考にしてみてください。 

www.inu-neko.info

 

下記記事は、より詳しく徹底的にドッグフードについて掘り下げた記事になっているので、基礎からドッグフードを学びたい人に是非読んでもらいたい記事です。

www.inu-neko.info