犬猫生活

犬猫生活

元ペットショップ店員で今はトリミングサロン経営。愛玩動物飼養管理士1級保有のトリマーが犬猫のこと書きます。

プロがオススメするグレインフリードッグフードをランキングで紹介

Trockenfutter / Hundefutter (Dog Food)

ドッグフードを買おうと思っても沢山種類があって分かりにくいですよね?

犬を飼っている方なら毎日食べるドッグフードは身近な存在ですが、与えているドッグフードが本当に良質なものなのか疑問に思っている方も多いと思います。

 

特に犬を飼い始めた初心者の方は、何千と種類があるドッグフードの中で、愛犬に本当に合っているかどうか不安に思っているのが普通です。

そこで、今回トリミングサロンを経営して何百種類とドッグフードを見てきた私が、自信をもってオススメする厳選ドッグフードをご紹介したいと思います。

  

 オススメのドッグフードランキング:

1位:モグワン

私が一番オススメしたいドッグフードがモグワンです。

原材料にこだわっている高品質なドッグフードは世の中に沢山ありますが、モグワンは高品質なグレインフリー(穀物不使用)で食いつきが非常に高いドッグフードだからです。

 

どんな高品質でこだわった原材料のドッグフードでも、食べなければなんの意味もなくなってしまいます。

高品質は当然で、食いつきの高い点がモグワンの魅力です。

 

モグワンを選ぶメリット:

食いつきの秘訣は、人間が食べれる品質のお肉含有率が高く、愛犬が本能的に食べたがるように計算されたドッグフードだからです。

選り好みをしてあまりドッグフードを食べないない愛犬には救世主になるドッグフードになるにではないでしょうか?

 

原材料もチキンとサーモンが何%使われているのか記載されており、2つの原材料を合わせて53%のお肉が使われていて、他にも野菜とフルーツが贅沢に使用されています。

これほど贅沢にお肉が使われているドッグフードも珍しく、愛犬のことを真剣に考えて作られているのが分かります。

高品質な素材を使っていて、グレインフリー(穀物不使用)なので穀物アレルギーを抑えることができます。

 

また、獣医師の84%がモグワンドッグフードを食べさせたいと回答があるほど、プロが認める質の高いドッグフードです。

獣医が選ぶポイントとしては、高品質であること、しっかり食べてくれること、グレインフリーであることが挙げられます

この3つに当てはまるのがモグワンだから、プロが選ぶおすすめドッグフードの1位がモグワンです。

 

モグワンのデメリット:

デメリットは1.8kgで3,960円と少し値段が高いということです。

モグワンが販売されているのは公式HPのみで、メーカーが直販価格でこの価格なので、通常の流通に乗っているドッグフードだったら1.5倍くらいの値段がしてもおかしくないクオリティのドッグフードです。

逆にこの高いクオリティのドッグフードを3,960円で販売するメーカーさんの企業努力と言っていいでしょう。

 

また、お肉の含有率が高いので与え始めは下痢になることもあるので、少しずつ体を慣らしながらドッグフードを切り替えていきましょう。

急に全てを切り替えてしまうと、ウンチが緩くなる可能性があります。

体が慣れれば高品質なフードなので、特に気を使わなくても問題ありません

 

モグワンを激安で買う方法:

高品質なだけに値段が高いモグワンを、少しでも安く買う方法が、実はあります。

 

それは、定期便でまとめ買いをするということ。

 

公式HPでも書かれていることなので、当たり前なのですが、6袋のまとめ買いをすると最大20%引きになり、1袋3,168円と激安になります。

 

 

5,000円以上の購入で送料、代引き手数料も無料になるので、まとめ買い推奨のドッグフードとも言えます。

 

チワワやプードルなどの小型犬だと6袋も食べれないと思われるかもしれませんが、製造から18ヶ月持つので、まとめ買いをしても賞味期限内に食べることは出来ると思いますし、友人でシェアしたりすればお得に買えます。

ただ、開封をしてしまったら、酸化が進んでしまうので1ヶ月くらいで全て食べきることが理想的ですね。

 

定期コースはいつでも休止ができ、再開もいつでも大丈夫なので、まとめ買いをしても安心です。

今まで沢山のドッグフードを見てきて、高品質のドッグフードは5,000円前後するのが当たり前でしたが、3,168円の安さで、ここまで高品質のドッグフードは見たことがありません。

 

モグワンの特徴まとめ:

  • アレルギーが気になる
  • ドッグフードをあまり食べない
  •  お肉、野菜、フルーツ、ハーブのバランスの良いもを食べてほしい

どれか一つでも当てはまればモグワンはオススメのドッグフードと言えます。

 

公式HPはこちら

プレミアムドッグフード『モグワン』

   

2位:カナガン

日本の獣医師が推奨しているのがカナガンドッグフードです。

モグワンより実質少し安い分シンプルな原材料になっていますが、それでも市販されているドッグフードの中ではトップクラスの品質です。

 

カナガンを選ぶメリット:

カナガンは2kgで3,960円とモグワンと値段は一緒ですが、モグワンより内容量が200g多いです。

実質の値段はモグワンより安いのが特徴になります。

 

なぜモグワンより安いかと言うと、メインのお肉の違いにあります。

カナガンはメインのお肉にチキンを使用することで、コストを下げ高タンパク低カロリーで質の高い栄養素を補給できる食材を使用しているからです。

 

カナガンのデメリット:

チキンがメインの原材料なので、チキンアレルギーのワンちゃんは避けるようにしましょう。

ドッグフードに使われるお肉でチキンが一番多いので、チキンアレルギーになってしまっている犬も多いので注意が必要です。

 

カナガンの特徴まとめ:

  • 品質の高いものを安く買いたい
  • 皮膚の状態や毛艶を良くしたい
  • 子犬から老犬まで一生食べていけるドッグフードを選びたい

 

公式HPはこちら

カナガンドッグフード

 

3位:ネルソンズ

イギリスで100万袋を販売している人気のドッグフードです。

グルコサミン・コンドロイチンが配合されているので、ダックスフンドやコーギーなどの腰に負担を掛けやすい犬種や膝が外れやすい犬種ににオススメしたいドッグフードですね。

ネルソンズのポイントはグレインフリーで、人工添加物や遺伝子組み換え食品は不使用。

 

ネルソンズを選ぶメリット: 

イギリスで人気があるドッグフードという安心感もあり、初めてグレインフリーのドッグフードを与えてみたいという方にオススメなドッグフードです。

ダックスフンド、コーギー、ペキニーズなどの胴長短足の犬種や、関節が外れやすいトイプードル、ポメラニアン、ヨーキーなどの犬種は足腰に負担が掛かりやすく、ヘルニアになってしまったり、関節に異常が出てしまうこともあるので、日頃の食事で関節をサポートすることが大切です。

 

他にも、腸の状態があまり良くないワンちゃんは、ネルソンズを食べることで体質が改善に向かうケースもあるようです。

  

カナガンより小粒なので、小粒じゃないと食べないワンちゃんには、カナガンよりネルソンズがオススメです。

カナガンとネルソンズは同じ内容量で金額も一緒なので、クオリティに大きな差はないので、粒の形状が重要なワンちゃんの場合はどちらが愛犬に合っているか、選んであげてください。

 

ネルソンズのデメリット:

7ヶ月〜7歳までの期間なので、7歳以上になったら切り替えないといけません。

また、製造から12ヶ月の賞味期限なので、短くはないですがまとめ買いには向きにくいのがデメリットです。

 

ネルソンズの特徴まとめ:

  • 人工添加物不使用のドッグフード
  • 胴長短足の犬種や足腰が弱っている子にオススメ
  • 腸内環境を整えたい

 

公式HPはこちら

ネルソンズドッグフード