犬猫生活

犬猫生活

元ペットショップ店員で今はトリミングサロン経営。愛玩動物飼養管理士1級保有のトリマーが犬猫のこと書きます。

グレインフリーのドッグフードとは?メリット・デメリットもご紹介します!

dogs

最近よく耳にする機会が増えたグレインフリーのドッグフードですが、イマイチ何が良いのか分かりにくいですよね?

口コミでも評価が高く、ドッグフードに悩まれている人がたどり着くドッグフードがグレインフリーとも言えます。

そこで、グレイフリーは犬にとって、なぜいいドッグフードだと言えるのか解説します。

 

グレイフリーの特徴:

グレイフリーとは穀物不使用という意味で、穀物には小麦、とうもろこし、米などがあります。

それらの穀物を使用していないドッグフードを、グレインフリーのドッグフードと呼びます。

 

なぜ穀物不使用にするのか:

穀物のなかでも、小麦やとうもろこしはアレルギーになってしまう可能性が高い食材の一つで、アレルギー体質の犬の場合、グレインフリーのドッグフードを選ぶことで症状が改善されるケースもあります。

 

ただ、アレルギーの原因は穀物だけとは限らず、主原料である鶏肉、牛肉、ラム肉のような肉が原因ということもあります。

正確にアレルギーを知りたい場合は、アレルギーの検査もあるので、一度アレルギー検査をしてみることをオススメします。

アレルギーの元をしれば、その原材料がはいっていないドッグフードを選ぶことで、アレルギーが改善されます。

 

アレルギーは自分の耐えられる量より多く摂取してしまうと発症をしてしまうので、アレルゲンとなる穀物を使用しないグレインフリーのドッグフードを選ぶということは、今、症状のあるアレルギー対策だけではなく、将来なってしまう可能性があるアレルギーの発症を抑える予防の効果もあります。

 

アレルギーの症状:

アレルギーと言っても症状は様々あります。

  • フケ
  • 下痢
  • 吐く
  • かゆがる
  • 皮膚が赤い
  • 足を噛んだりする

どれか一つでも当てはまれば、アレルギーの可能性もあるのでドッグフードの切り替えを検討した方がいいでしょう。

 

グレイフリーを選ぶメリット:

犬は肉食に近い生き物なので、穀物は必ずしも必要ではない食材です。

なのに、ドッグフードに穀物が使われる理由としては、量のかさ増しを目的としていて、穀物を使用しているドッグフードは安く粗悪なものが多いです。

 

必要のない穀物はアレルギーの原因になったり、涙やけの原因の可能性でもあるので、それらの穀物を使用していないグレインフリーのドッグフードは、犬にとって理想的なドッグフードとも言えます。

 

また、グレインフリーのドッグフードは、肉の含有率が高いので、食いつきや消化吸収が非常に高いドッグフードです。

今まであまりドッグフードを食べなくて、何回もドッグフードを変えていた犬でも、グレインフリーのドッグフードは、必死になって食べるということは少なくありません。

 

グレイフリーを選ぶデメリット:

グレインフリーのドッグフードを選ぶデメリットは、価格が1.5倍〜2倍くらいするということです。

ただ、使っている肉の量が他のドッグフードに比べて多いので、値段が高くなってしまうのは仕方がない部分です。

 

質の高いドッグフードに切り替えるということは、アレルギー対策や病気になるリスクを下げるので、長い目で考えれば安上がりということは十分ありえます。

病院代は保険に加入をしていない場合は100%飼い主負担のため、人間の治療費より高くつくなんこともあるくらいですからね。

 

老犬にオススメのグレインフリードッグフード:

アレルギー体質の犬は当然オススメのドッグフードと言えますが、グレインフリーは老犬にもオススメしたいドッグフードでもあります。

老犬になると食欲が低下して、あまりドッグフードを食べなくなってしまうことが多く、困っている飼い主さんは少なくありません。

 

色々試したけど食べなくて、缶詰やオヤツをごはんとして与えている飼い主さんもいるようですが、缶詰やオヤツでは栄養バランスに不安があるのも事実です。

少ない量でも効率的に栄養を吸収でき、さらに食いつきが非常に高いグレインフリーのドッグフードは、食が細い老犬に相性のいいドッグフードです。

 

オススメのグレインフリードッグフード:

グレインフリーのドッグフードは、国産で質が高いと言えるものはまだまだ少なく、質が高いものは、アメリカやイギリスなどのペット先進国のドッグフードがメインです。

残念ながら、ドッグフードの質に関しては、日本はまだまだ後進国なので、これからの進歩に期待をしています。

 

何百種類とドッグフードを見てきた私が本当にオススメできるドッグフードをご紹介しているので、ドッグフード選びの参考にしてみてください。

www.inu-neko.info