犬猫生活

犬猫生活

元ペットショップ店員で今はトリミングサロン経営。愛玩動物飼養管理士1級保有のトリマーが犬猫のこと書きます。

間違いだらけの老犬のドッグフード選び方と与え方、何も食べない時の対処法を徹底的に解説します

My dogs

犬は高齢になると若い時とは違い色々な変化が出てきます。

その中で一番間違えやすいのがドッグフード選びではないでしょうか。

私自身は16歳のシーズーを飼っている時に、実際に食べないで苦労をしたポイントも含まれているので実践的な内容になっています。

老犬にドッグフードの選び方や与え方のポイントを挙げていきます。

 

シニア用のドッグフードを選べば間違いない?:

ほとんどの飼い主さんは、7,8歳を超えて老犬になったらシニア用のドッグフードに切り替えなければいけないと思っているのではないでしょうか。

人間でも若い人と高齢な人の食事は、量が違うだけで食べるものは変わらないですよね?

 

犬も一緒で成犬でも老犬でも、チワワでもラブラドールでも、本来はドッグフードの量を変えるだけで十分なのです。

しかし、メーカーは自分のドッグフードをいかに買ってもらうか工夫をしており、年齢別、犬種別などで飼い主さんに分かりやすく伝えるために細かく分けているだけです。

 

シニア用のドッグフードは、老犬になると骨が弱くなると言った理由で、グルコサミンなどのサプリが添加されているものもありますが、基本的には質の高いドッグフードを与えることのほうが大事です。

 

本当に良質なドッグフードは全犬種、全年齢対応しているものがほとんどで、質が悪いドッグフードほど犬種別、年齢別などの種類に分けています。

 

ドッグフード選びには、年齢も犬種も関係ありません。

本当に良質なドッグフードを見極めるポイントは原材料だけ見れば十分です。

こちらの記事は、良質なドッグフード選びを徹底的に解説してあるので、興味がある方は参考にしてみてください。 

www.inu-neko.info

 

老犬にはどれくらいの量のドッグフードを与えるのか:

7歳を超えてくると若い時と比べ、運動量も少なくなるので、少しずつ与えるドッグフードの量を減らしていきましょう。

ただ、太らせすぎや痩せすぎは体に良くないので、ボディコンディションスコアで適正体重の確認をしてあげることが大切です。

ボディコンディションスコアについては下記リンクを参考にしてみてください。

BCS(ボディ・コンディション・スコア)でワンちゃんの体型をチェックしよう|犬の肥満と体型管理|教えて犬ノート 犬のお悩みスッキリ解決!

 

また、あまりにも食べない場合は少しの量で沢山のカロリーが取れるパピー用のフードを与えてみるのもいいでしょう。

また、粉ミルクをドライフードにふりかけてあげることでも、カロリーをしっかり摂ることができます。

 

また、1日2回ドッグフードを与える方が多いと思いますが、可能なら1日3回くらいに分けて与えるほうが、内臓の負担を軽くするのでオススメです。

なかなか仕事で出来ないということもあるので、無理にではなくできる範囲で行ってあげる気持ちが大切です。

 

老犬はアゴが弱いからふやかしたほうが良い?:

老犬になるとアゴが弱くなってしまい 、お湯でふやかしたり缶詰を与えたりしていませんか?

カリカリのドッグフードを食べなくなることもありますが、なるべくはカリカリのドライフードを与えるほうが、歯石が付きにくくキレイ歯を維持することができます。

 

歯石がすでに付いてしまっている場合は、なるべく歯石を増やさないように対策をしてあげることが大切です。 

若いときから柔らかいドッグフードを食べいる場合、歯石が歯全体についている犬もいて、痛くて硬いものが食べれないという場合もあるかと思います。

その場合、無理にカリカリのドッグフードを与えるのは可哀想なので、本人が食べられる柔らかいものを与えましょう。

 

カリカリのドライフードが食べれるうちは、必ずドライドッグフードを与えてあげるようにしましょう。

ワガママで食べなくなったのではなく、年齢的に食べれなくなった時にはじめて色々な対策をしてあげることが大事です。

 

www.inu-neko.info

 

ドライのドッグフードを全く食べなくなってしまった場合:

13歳を超えた辺りから匂いの感覚も鈍ってくるので、今まで食べていたドライのドッグフードを食べなくなるといったことも出てきます。

私が飼っていたシーズーは、今まで好き嫌いなく何でも食べていたのに、15歳頃から少しずつ食いつきが悪くなり、ドライのドッグフードを食べなくなってしまいました。

こうなってしまった場合は、とにかく食べてもらうことを最優先で考えましょう。

 

最初はドライフードで食べれる種類のものを探して与えてあげましょう。

グレイフリーのドッグフードは肉の含有率が高いものが多いので、食べる確率が高いドッグフードです。

 

食べない時の対処法

  1. とにかく食べるドッグフードに切り替える(グレイフリードッグフードは食いつき高い)
  2. ドライフードに犬用の粉ミルクをふりかける
  3. ドライフードに茹でたササミをふりかける
  4. ドライフードをお湯でふやかす
  5. ドライフードに缶詰を少しのせる
  6. 缶詰のみでえ与える
  7. ササミのみで与える

 

1から徐々に下に向かって食べなくなったら実践をしていきましょう。

最初からササミのみで与えてしまったら、ドライのドッグフードを食べなくなってしまうので、6,7番の缶詰やささみのみは最終手段と考えましょう。

できればササミのみは栄養面で不安なので、ミルクと一緒に与えるなどして対策をしていきましょう。

 

老犬にオススメのドライドッグフード:

老犬といっても7歳でも16歳でも一緒の老犬というカテゴリーになりますが、年齢的にも倍以上も違うので散歩量や食べる量、元気の具合が変わってきます。

ただ、共通しているのは、食べるものは一緒ということ。

 

老犬だけではなく、全年齢にオススメできるドッグフードがグレイフリー(穀物不使用)です。

グレイフリーのドッグフードは、お肉が使われている量が非常に多いので、食いつきが非常に高い傾向にあります。

また、穀物を使用していないので、消化吸収が良いので老犬の場合はグレイフリーのドッグフードに切り替えることをオススメします。

ただ、肉を多く使用しているので、値段は通常のドッグフードより高い傾向にあるのがデメリットです。

 

グレイフリードッグフードの特徴

  • 肉の使用量が多い
  • 消化吸収率が高い
  • 値段が少し高い

 

グレイフリーのオススメのドッグフードは下の2つの記事にまとめてあるので、ドッグフード選びの参考にしてみてください。

www.inu-neko.info

 

www.inu-neko.info

 

まとめ:

食べれるうちは出来るだけドライドッグフードを与えることによって、食べなくなった時の対処も楽になります。

ドッグフード選びはシニア用のドッグフードではなく、全犬種、全年齢対応のグレイフリーのドッグフードを選ぶことで、質の高いドッグフードを選ぶことができます。

 

若かった頃と違い、飼い主さん自身も色々と戸惑いが出てくるかもしれませんが、しっかりとその子と向き合ってあげましょう。