犬猫生活

犬猫生活

元ペットショップ店員で今はトリミングサロン経営。愛玩動物飼養管理士1級保有のトリマーが犬猫のこと書きます。

  MENU
スポンサーリンク

一人暮らしは犬猫を飼わない方がいい?飼うのをやめた方がいい人の特徴

Dog

これから犬猫を飼おうか迷っている方には、必ず確認をしてもらいたい、犬猫を飼うのをやめた方が良い人の特徴を挙げてみました。

当てはまる部分がある場合は、考え直したほうがいいかもしれません。

 

一人暮らしで子犬や子猫は飼わない方がいい

一人暮らしの方は、子犬や子猫から飼うことはやめてください。

なぜなら、子犬子猫は体も小さく、朝元気に走り回っていても昼には体調が急変をしてしまうことが少なくないからです。

 

特に、チワワやトイプードルなどの小型犬は、通常の小型犬よりも小さい部類のため、体力がなく体調が急変しやすいので、すぐに動物病院に連れていけない環境の場合は、生死に関わることになります。

 

また、しつけをする時間も取れないと、問題行動を起こしてしまうようになり、人間もペットもストレスが溜まる環境になってしまいます。

一人暮らしで犬猫を飼うというのは、想像以上に大変なのでやめましょう。

 

犬の関連記事>>>もしかして飼いにくい犬?犬を飼う前に絶対確認したい3つのこと

猫の関連記事>>>初心者が絶対に飼ってはダメな猫の種類と飼いやすい猫の種類

 

どうしても一人暮らしで犬猫飼いたい場合

生後が半年以上の犬猫を飼う

一人暮らしの場合、子犬や子猫の月齢が経ってないと、体調の急変の恐れがあるので、1人でお留守番する時間が短いのですが、生後6ヶ月以上経っていると体調も安定しててきているので飼いやすくなります。

 

他にもメリットとしては、生後が経っていると価格も安くなるのでオススメです。

犬と猫どちらを飼うか迷っている人は、犬猫の年間の支出の違いを確認してみると気が変わるかもしれないので、関連記事をチェックしてみてくださいね。

 

関連記事>>>犬猫の年間支出は2倍も差があった!データで読み取る日本のペット事情 

 

毎月のペットフード代がもったいないと感じる方

ペットフードは値段が上がれば質も上がるので、できれば質の高いペットフードを食べて欲しいと考える方は多いと思います。

少しこだわりをもったペットフードを与える場合、小型犬でも月に5,000円ほど掛かります。

 

ペットフード代をケチって、少しでも安いドッグフードをホームセンターで販売されている7kg1,000円台のドッグフード与えなければ、飼うことができないよう経済状況の方は、犬猫を飼わないほうが人のためにものペットのためにもいいと思います。

 

良質なドッグフードやキャットフードの選び方は、下記関連記事に犬と猫分けて解説しているので、これから犬猫を飼おうと決めた方は、ペットフード選びの参考にしてみてくださいね。

 

犬の関連記事>>>プロが徹底的に教える良質なドッグフードの選び方

猫の関連記事>>>良質なキャットフード選びは簡単?ポイントを確認して良質なキャットフードを見極めよう!

 

トリミング代がもったいないと感じる方

猫にはお店でシャンプーをしてもらうトリミングは必要ありませんが、犬の場合はトリミング代が必要です。

家でシャンプーができる、ダックスフンドやチワワなどはトリミング代はほとんど掛かりませんが、トイプードルやシーズーのようなカットが必要な犬種は、地域にもよりますが、月に6,000円〜9,000円ほどトリミング代で掛かります。

 

この金額が高いと感じる場合は、手入れが行き届かないので犬が可愛そうです。

トリミング代が高いと感じる方は飼うのをやめた方が良いでしょう。

 

関連記事>>>トリマーが超絶オススメする最高の犬用シャンプー!一度使ったら手放せなくなる!

 

毎日の散歩が面倒だと感じる方

猫は自宅だけで飼うことができますが、犬にとっては、毎日の食事と散歩が最高の楽しみです。

その楽しみの一つの散歩を面倒だと感じる方は、犬を飼わないほうがいいです。

散歩を一緒に楽しむ感覚が必要です。

 

関連記事>>>犬の散歩の目的は運動の為だけじゃない!散歩には色々な目的があるって知ってました?

 

赤ちゃんがいる環境の方

赤ちゃんが大型犬に殺された事件がまれに発生してしまいますが、犬は突然何をするか分かりません。

絶対に大丈夫ということはないので、赤ちゃんが大きくなってからにした方がいいです。 

 

また、猫は神経質な子も多く、赤ちゃんをストレスと感じることがあるので、赤ちゃんが大きくなってから飼うことを検討したほうがいいでしょう。

  

まとめ

犬猫を飼うということは、赤ちゃんが1人家にやってくるような大変さです。

特に子犬子猫の時はトイレのしつけや、散歩に慣らしたりしなければいけません。

時間的にも経済的にもある程度余裕がない場合は、犬猫を飼わないほうがお互いにとって幸せかもしれません。

 

安易に可愛いから飼うのではなく、十数年一緒に暮らすパートナーとして、しっかり面倒が見れるかどうかを考えることが大事です。

 

次の記事>>>ペットショップの店員がお客様には絶対に秘密にしていること教えます

スポンサーリンク